忍者ブログ
――O mundo que a bruxa do otimista criou.
+月暦
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
+筆者
HN:
ロヴィーナ
性別:
女性
職業:
睡眠学生
趣味:
空想
+携帯
+来訪
+解析
  80 79 78 77 76 75 74 72 71 70 69
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


頭がぼんやり、言い知れぬ虚無感。
こんにちは、典型的な五月病真っ只中のろびーなです。

なんだか最近、どうも頭がふーらふら(色んな意味で)して仕方ありません。
貧血と五月病のタッグは、段々日差しが強くなる今日この頃にはなかなか強力です。

あー、ルーヴル美術館にでも行って色々見て回りたいなぁ……。



…………昨日はそんな私を一気に元気にする場所へ、愛しいけけ(仮名)嬢と一緒にゴー。
『美しいものが見たい』という欲求を満たしてくれました。


場所は……そう、明治大学博物館です。







明治大学博物館といっても、私とけけ嬢のお目当てはたった一つ――刑事部門です。


私たちが通う大学は横浜にありまして、そこから明治大学へはちょっと遠め。

16:00最終入館、16:30閉館という、よい子に優しい博物館でしたゆえ、時間のロスは許されません。
まぁ、そんなことを言いながら、最初はまったく反対方向に歩いていってしまったのですが(ノ∀`)


auのナビサービスに頼りながら、競歩並のスピードで何とか到着。時刻は16:00ちょっと過ぎ。
どきどきしながら入ってみましたが、特に受付もなく、さらっと入れちゃいました。
"あれ、16:00最終入館なんじゃ…"とか言いながらも、入れてよかったね、ということでレッツ見学!


入ってすぐに江戸時代の高札コレクションが展示されていました。
ふむふむと興味深く見て(『放火ってほんとは一族みんな罪人なのか』)、ちょっと戻って順路へ。

最初のほうには捕者道具(刺又とか十手とか)が置いてあって、まずは小手調べといった感じ。
まぁ、その刺又にもたくさん棘がついてて、結構面白かったのですけれどもw


ちょっと歩くと、でましたでました。

十露盤だの石抱き責めだの、磔台だの火刑台だの、残虐歴史のオンパレード。

当時の文献や絵、罪人を晒した幟なんかもあり、臨場感はたっぷりです。
(あ、磔刑に処された人の写真なんかもありました。外国の方が撮ったそうです)

『(晒し台を見つつ)……このさ、2本生えてる刃って何だろう?』
『えーっと……ほら、あれだよ……きっとここに刺すんだよ、首』
『うわー、えぐいよえぐいよー』

…………18歳の女子大生2人、はしゃぐポイントが間違っています。


更に進むと、中国と西洋の文献・拷問具がちょっとだけ陳列。
これは本当にちまっとした感じでした。しかし、面白い。
首に板を填められてる人の絵(中国だそうですが)は、どこか滑稽で複雑な気分。



そして、ついに対面。

ああ、我が愛しの乙女!


当然レプリカですが……日本で唯一の、『ニュルンベルクの鉄の処女』。


想像していたよりも大きくて、レプリカだというのに圧倒的な凄み。
傍らには縮小サイズで再現されたギロチンもあって、今まで見たどの区画より禍々しさたっぷり。
1枚ずつ当時の絵が添えられていましたが、そんなものなくても十分な存在感です。


今まで好きだ好きだと公言して憚らなかった『鉄の処女』ですが、対面は初めてです。
フォルムはやっぱり美しくて、ロマンに溢れた器具には違いありませんでした。

しかし、直径1cmくらい、長さ30cmくらいの棘が何十本も生えている様子は、戦慄させるものがあります。
けけ嬢は"あんまり正面に立ちたくない"と言っておられましたが、納得の感想です。
実際に使用されることはあまりなかったようですが、"これで脅されたら何でも喋るね"……ええ、同意します。

ギロチンも、落ちた頭を入れる箱の側から見ると、また違った恐ろしさ。
かなり縮小されているらしいのですが、あのサイズであの威圧感は凄いです。


その2つで刑事部門は終わりだったようで、ふぅ、と息をつくと"閉館です"とのこと。

とりあえず、お目当てだった鉄の処女が見られて大満足でした。




その後は2人でお茶を。

色々話しましたが、『バーコードヘア』と『バールのようなもの』には笑いました。
ええ……本当に阿呆みたいに笑いました。涙でましたもんw

会話の内容を書くときりがないので、それは省略。





いやー、本当に楽しかったです!

けけ嬢には大感謝です。
明大博物館、話題にあげてみてよかった!w


さぁて、今度はドイツ(イタリアでも可)の拷問博物館ですね!


…………国立西洋美術館にも行きたいなぁ。


PR
□ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
COMMENT :
無題
……(((・д・;)))
カサハラ 2008-05-30(Fri)22:27:35 編集
TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.